CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 邦画

『溺れる魚』(2001)


『溺れる魚』あらすじ

不祥事を働き懲戒免職寸前の二人の刑事、白州と秋吉は罪を不問にする代りにある極秘の潜入捜査を命じられる。
時を同じくして、大手フィルムメーカーにEメールによる奇妙な脅迫文が届く。
愉快犯と思われたが、やがて店の現像液に漂白剤が混入され顧客のフィルムが台無しになる事件が起こる。
やむなく、会社は要求に応えるが、その内容は金ではなく、役員に公衆の面前で屈辱的行為をさせるというものだった……。

堤幸彦とTRICKの仲間由紀恵や野際陽子が登場する、はちゃめちゃなアウトローサスペンス映画

主演は仲間由紀恵、窪塚洋介、椎名桔平。
共演に勝部演之、野際陽子、渡辺謙、IZAM、成宮寛貴など。
監督は堤幸彦。
主題歌は鬼塚ちひろの「edge」。

いろんな要素を詰め込んだ異色のアクション・サスペンス映画です。
はちゃめちゃなのに疾走感とまとまり感があり、そして監督らしい絶妙な間の取り方が健在で独特の笑いを誘います。
登場人物一人一人のキャラクターがいちいち濃いのも特徴的で、どんなはみ出し者も受け入れているアングラな世界観が見ていて落ち着きました。
最近亡くなった野際陽子さんの演技や芸能界を引退した成宮寛貴(本作でもノリノリで演じてらっしゃるように見えてかわいかったです)、何かと世間を騒がせた窪塚洋介の絵になる女装姿など、コメディを演じるキャストたちを見ながら懐かしむという楽しみ方もあります。
そして何よりも仲間由紀恵が魅力的でした。監督は彼女の撮り方を心得ていますね。ファミレスのところなんか最高でした。

一見芝居めいたB級映画のようで実は奥が深く若干芸術性も併せ持っていて、特に園子温好きには是非おすすめしたい作品です。

-映画, 邦画
-, ,