CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『キングス・オブ・サマー』(2013)

2017/12/08


『キングス・オブ・サマー』あらすじ

高校生のジョーと親友のパトリックは、ともに親への不満から家出を計画。
二人は一風変わった少年ビアジオと一緒に、森に隠れ家を作って自立した生活を目指す。
しかし、そこにジョーが想いを寄せるクラスメイトのケリーがやってきて、少年たちの友情に亀裂が生じはじめ……。

『キングコング:髑髏島の巨神』のジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督による長編デビュー作

監督は、日本の特撮に影響を受けて今年『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)を公開したジョーダン・ヴォート=ロバーツ。
主演は『ジュラシック・ワールド』のニック・ロビンソン。
共演にガブリエル・バッソ、モイセス・アリアス、エリン・モリアーティなど。

ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督の長編映画デビュー作です。
「スタンド・バイ・ミー」を想起させる王道カミングオブエイジものと話題で、デビュー作にして評判は上々の注目作です。初公開は2013年ですが、今年やっと日本にも上陸しました。
MGMTとYouth Lagoonはどちらも童心を思い出させてくれる遊び心のあるバンドだと思うのですが、作中に彼らの楽曲が使われていてノスタルジックな気持ちにさせてくれます。
監督と曲の好みが似ているようで嬉しい。
『キングス・オブ・サマー』は8/19よりロードショーです。

-映画, 洋画
-, ,