CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『恋はデジャ・ブ』(1993)


『恋はデジャ・ブ』あらすじ

人気TVキャスターのフィルは、自分はスターだと豪語し、その傲慢さから周りから敬遠されていた。
毎年取材しているペンシルベニア州のお祭りに今年もやってきたフィルは、自分と同じ名前のウッドチャックが春の訪れを予言する様子を今年もおざなりに報告して済ませた。
その日のうちに町を出ようしたが天気予報が外れ通行止めを食らい、散々な一日だったと元の宿に戻り、翌朝を迎えるフィル。
しかし彼は違和感を覚える。目覚ましのラジオや通行人の会話が昨日と全く一緒だった。
その日を境に、フィルはお祭りの1日を何度も繰り返し過ごすことになる。

ビル・マーレイ主演の、ループものの代表作

主演はビル・マーレイ。
共演にアンディ・マクダウェル、クリス・エリオット、スティーヴン・トボロウスキーなど。
監督は『ゴーストバスターズ』シリーズのハロルド・ライミス。

タイムスリップの中でもループものの先駆的映画です。
毎日同じ人と会話し学習する中で己の高慢さや自己中心的な考え方を改め、好意を寄せていたにも関わらず無碍に扱っていた女性プロデューサーに心を開いていく過程が微笑ましいです。
『ゴーストバスターズ』の監督とのタッグだったためビルの扱い方を心得ていたのでしょうか、主人公の心の移り変わりが段階を追って丁寧に描かれていて、ビルの憎めないお調子者のキャラクターが全面に押し出されています。
彼がトゥルーエンドを迎えるまで見届けたくなる、愛嬌たっぷりの映画でした。

-映画, 洋画
-,