CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『雨に唄えば』(1952)


『雨に唄えば』あらすじ

無声映画からトーキーに移り変わり始めたハリウッド。
スターのドンとリナは共に次の共演作の制作に乗り出したが、急遽トーキーでの制作を命じられるものの、今までは隠し通せたリナの悪声のために窮地に立たされてしまう。
リナとの恋仲が噂されるも全くその気がないドンは、そんな時に強気な踊り子キャシーと出会い恋をする。
キャシーは美声の持ち主でもあったため彼女にリナの吹き替えを頼むことにしたが、キャシーの才能とドンとの仲に嫉妬したリナは強硬手段に出る…。

監督・出演をこなすジーン・ケリーによるミュージカル映画の殿堂

監督と主演を果たしたのはジーン・ケリー。
ヒロインには『スター・ウォーズ』シリーズのキャリー・フィッシャーの母であり、アカデミー賞女優のデビー・レイノルズ。
その他、ドナルド・オコーナー、本作でアカデミー助演女優賞にノミネートされたジーン・ヘイゲン等。

甘いマスクを持ち演技ができて監督もこなし、振付もできれば踊ることもできるという無敵なジーン・ケリーのマルチな才能が詰まった作品。
今まで見たどのミュージカル映画よりもストイックさを感じました。
画面の端から端まで動きまわるキレッキレな踊りがまさにエンターテインメントで、ラブストーリーとコメディ、そしてショーを見ている高揚感に圧倒されます。
後世に名を残すミュージカル映画の傑作として文句なしの作品でした。

さらに、今回は特別なシチュエーションで見る機会をいただき、感動が倍増されました。
ビルに囲まれた広場に人工芝をひき、ピクニックのようにお弁当やお酒をつまみながら映画を見られるという「恵比寿ガーデンピクニック」という素晴らしい企画です。
主催の「キノ・イグルー」さんはもっと映画が身近に感じられるように、そして人生に寄り添う作品に出会わせてくれる活動をされているとても有難い方々です。
当日は雨が降ったので、まさに4Dの体験型鑑賞会で大変ロマンチックでした。
もっとこうした体験を広めていただけるよう、今後の活動にも期待しています。

-映画, 洋画
-,