CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 邦画

『CASSHERN』(2004)


『CASSHERN』あらすじ

長年にわたる戦争の末、荒れ果てた世界。
人類を再生の道へと導くため、遺伝子工学の第一人者・東博士は人間のあらゆる部位を自在に造り出す“新造細胞理論”を学会で提唱する。
一方、博士の息子、鉄也は父へ反抗心から兵士として戦争に参加するが…。

宇多田ヒカルの元夫であり彼女の幻想的なPVを手掛ける紀里谷和明の初監督作品

主演は伊勢谷友介。
共演に麻生久美子、唐沢寿明、寺尾聰、樋口可南子、小日向文世、及川光博、西島秀俊、寺島進、宮迫博之など。
監督は紀里谷和明。
原作はタツノコプロのテレビアニメ『新造人間キャシャーン』。

宇多田ヒカルのアルバム『DEEP RIVER』は特に繰り返し聞いてしまう一枚なのですが、収録されている楽曲のPVはどれも世界観にぴったりで幻想的ですよね。
彼女のPVが持つ独特の質感、発色、夢のような空想の世界を作り出す卓越した映像技術で注目を集めた紀里谷和明が映画監督デビューした作品です。
公開当時からそれとなく聞こえてきた評判のせいか長いことめぐり合わずにいたのですが、今回2度目の挑戦でやっと最後まで見られました。(最初は途中で断念してしまった)
前回見た記憶のまま若干のダメ元な気持ちを抱えつつ見たのですが、思いのほか楽しむことができました。年を取って作品への寛容さが生まれてきたのでしょうか。

ほぼグリーンバックで撮影された映像はCGのみならずすべからく加工されており、重たさやカクつきが目立ちます。
時々突拍子もなくアニメーションを挟み、音声はダブり、画面は滲み、色は抜けたり、はたまた彩度の値がきつすぎに感じたり。
映画としての魅せ方、話の展開やメリハリ、話の締めくくり方(根本的なところ)などなど、2時間もある映画のわりに物語としての物足りなさが残ったり。

散々書いてますが、それでも私は2回目にしてやっと楽しみ方を知りました。やはり映像がかっこいい。全編キメッキメです。
終始霞んだ画面は、完全に私たちと世界を断絶したどこか遠い昔の異国の伝記(キャストは全員日本人なのに)のような重厚感を生み出していました。
細部までいきとどいた編集に監督の変態みを感じます。原作のファンである監督の愛情を感じたのかもしれません。
どうしてもぬぐえない違和感は気合いの入りすぎによって抜け感が足りないのでしょうか、不気味の谷でしょうか。
役者に眼病を負わせたりともっとキャストを大切にしてほしい残念な気持ちもありますが、彼なりの『CASSHERN』のプレゼンテーションを見ているようでどことなく愛着が湧くような作品です。

-映画, 邦画
-,