CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『ディパーテッド』(2006)

2017/10/29


『ディパーテッド』あらすじ

犯罪者の一族に生まれたビリーは、自らの生い立ちと決別するため警察官を志し、優秀な成績で警察学校を卒業。
しかし、警察に入るなり、彼はマフィアへの潜入捜査を命じられる。一方、マフィアのボス、コステロにかわいがられて育ったコリンは、内通者となるためコステロの指示で警察官になる。

ハリウッド最高額でリメイク権を買い取った、デカプリオ、デイモン、ニコルソン主演のアカデミー賞作品賞受賞作

主演はレオナルド・デカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン。
共演にマーク・ウォールバーグ、マーティン・シーン、レイ・ウィンストン、ヴェラ・ファーミガ、アレック・ボールドウィンなど。
監督はマーティン・スコセッシ。脚本はウィリアム・モナハン。

原作や日本版リメイクではなく一番最初に見た作品がこちらで、飛行機の中で面白さのあまり興奮したのを覚えています。
日本でリメイクされたドラマ「ダブルフェイス」は原作の展開・台詞そのままでしたが、こちらの作品は2時間半に拡大され、原作のニュアンスを残しつつオリジナリティが加えられて美しくまとめられています。
主な変更点は登場人物と主人公二人との人間関係で、例えば原作ではそれぞれに相手の女性がいましたが、インファナル・アフェアのヒロインは心理カウンセラーとして二人と関わり、彼らを精神的に支えるだけでなく引き合わせるという重要な役割を一気に背負っています。
また、優秀だっただけでなく、どうして潜入捜査官に任命されたのか、そして特別にドンの信頼を得ていたわけではないにしろ彼との微妙な距離をキープするスマートさなど違和感なく盛り込まれていてスルスル世界観に入っていけます。

原作の良さを生かしてハリウッド級の練られた脚本、スリル、豪華さが加わった珠玉のアクションサスペンスです。

-映画, 洋画
-, ,