CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『ローガン・ラッキー』(2017)


『ローガン・ラッキー』あらすじ

足が不自由で仕事を失い、家族にも逃げられて失意の人生を送るジミー・ローガンは、まもなく開催されるNASCARレースのさなかに大金を盗み出すという大胆な計画を練る。
戦争で片腕を失った元軍人で冴えないバーテンダーの弟クライドと、美容師でカーマニアの妹メリーを仲間に加えたものの、不運続きな自分たちだけでは心もとないジミーは、服役中の爆破のプロ、ジョー・バングに協力を求めるが……。

ダニエル・クレイグ、アダム・ドライバー、チャニング・テイタム、ヒラリー・スワンクなど豪華キャストによる新しいオーシャンズシリーズ

主演は『マジック・マイク』のチャニング・テイタム。
共演に『007』シリーズのダニエル・クレイグ、『スター・ウォーズ』のアダム・ドライバー、『ミリオンダラー・ベイビー』のヒラリー・スワンク、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)のキャサリン・ウォーターストン、エルヴィス・プレスリーの孫で『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でワイブスの1人でもあったライリー・キーオなど。
監督は『オーシャンズ』シリーズや『マジック・マイク』のスティーブン・ソダーバーグ。

オーシャンズもさることながらこちらも豪華なドリームチームが結成されました。
前者とはベクトルが逆の曲者揃いで、知識も経験もない、あるのは度胸だけな破天荒な連中の物語ですが、大どんでん返しという点などオーシャンズの要素を引き継いだ作品といえます。
人気映画やシリーズを代表するキャストがひしめく、とにかく目をひく作品でありながらあまり大々的に宣伝されていないのが不思議です。
一度引退した監督を呼び戻したほどの脚本・構成と「Rotten Tomatoes」のお墨付きで完成度が間違いなしの作品です。

-映画, 洋画
-,