CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(2001)


『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』あらすじ

テネンバウム家の3人の子どもたちは皆若くして成功した天才児。
長男のチャスは10代で不動産売買に精通し、国際金融にも才能を発揮する。
長女マーゴは12歳で劇作家デビュー。
次男リッチーもまたテニスのジュニア選手権3連覇で将来を嘱望されていた。
しかし、父親の過ちと裏切りにより一家は崩壊を始めてしまう。
チャスは飛行機事故で妻を失い、男手ひとつで二人の息子を育て、マーゴは年上の男と結婚の末無気力な毎日を送り、次男も突然テニス界を引退、船旅に出てしまう。
そんな彼らと再び家族の絆を取り戻したいと考えた父親は一計を案じるのだったが……。

『グランド・ブダペスト・ホテル』を彷彿とさせるウェス・アンダーソン監督とオーウェン・ウィルソン共同脚本映画

主演はジーン・ハックマン。
共演にアンジェリカ・ヒューストン、ベン・スティラー、グウィネス・パルトロー、ルーク・ウィルソンとオーウェン・ウィルソン兄弟、ビル・マーレイなど。
監督はウェス・アンダーソン。
脚本に監督とオーウェン・ウィルソン。

家族が恋しくなった嫌われ者の父親があの手この手で絆を取り戻そうとする一見普遍的なお話なのに、どうして最後まで面白く見れてしまう作品でした。
幼少期は天才だったが今はそれぞれ問題を抱え没落した子供たちをはじめやけに人物の設定が充実していて、しかもそれが特殊なものばかりなのも飽きない理由なのでしょう。
『グランド・ブダペスト・ホテル』もいろんな背景を持つ登場人物がピタゴラスイッチのようにカチカチと噛み合って展開していき、これだけ作りこんで無駄がないのは監督の持ち味ですね。
ボブ・ディランやクラッシュなどの楽曲もポップで、インディペンデントのような色味・カメラワークがお洒落な映画でした。

-映画, 洋画
-,