CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『SING/シング』(2016)


『SING/シング』あらすじ

劇場を運営するコアラのバスター・ムーンは、以前は活気のあった劇場に輝きを取り戻すべく、世界最高の歌唱コンテストをプロデュースしようと考える。
感傷的に歌うハツカネズミや、内気なゾウ、25匹も子供がいるブタ、パンクロッカーのヤマアラシらが会場に集結し……。

スカヨハ、タロン・エガートン、リース・ウィザースプーン、トリー・ケリーがとにかく歌う!熱くてハッピーなミュージカルコメディ映画

主演はマシュー・マコノヒー。
共演にトリー・ケリー、スカーレット・ヨハンソン、タロン・エガートン、リース・ウィザースプーン、ジョン・C・ライリー、セス・マクファーレンなど。
監督は『リトル・ランボーズ』(2010)のガース・ジェニングスで、本人も200歳のお婆さん秘書のカメレオン役で出演。

歌うことが大好きな動物たちが、それぞれの現状を変えるために歌に懸けるミュージカルコメディ。
ブタの主婦ロジータは25人の子どもの世話で明け暮れるマンネリな毎日を送っており、ヤマアラシのアッシュは恋人とのバンドで実力を発揮できずにくすぶっていて、ゴリラのジョニーは心優しい歌好きの少年だが家業の窃盗団に入っており、内気なゾウのミーナは天性の歌声を持ちつつも極度のアガリ性で家族にも情けないと怒られてしまう。
賞金やコンテストはきっかけでしかなく、歌で表現することが好きという気持ちが一つになって、最終的に希望につながっていくという底抜けに明るくハッピーな物語です。

キャストも本場の歌手の他、演技力もさることながら歌手顔負けの歌唱力を誇る俳優陣が揃い、クオリティが3Dアニメ映画の域を超えています。
スカヨハは『her/世界でひとつの彼女』(2013)でハスキーボイスを披露し女優・声優としての評価の他に歌手活動も行っており今回のキャスティングを聞いてもしっくりきたのですが、タロン・エガートンとリース・ウィザースプーンはまったくノーマークでした。
そんな状態で見ると度肝を抜かれます。私もという方は絶対ご視聴ください。

-映画, 洋画
-, , ,