CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『息もできない』(2008)


『息もできない』あらすじ

母と妹の死の原因を作った父親に対して強い憎しみを持っている借金取りのサンフンは、ある日、女子高生のヨニと知り合う。
サンフンは、強権的な父親や暴力的な弟との関係に悩むヨニに惹かれ、それぞれの境遇から逃避するかのように何度も一緒に過ごすうちに、互いの心に変化が訪れる。

主演も務めるヤン・イクチュンの長編監督デビュー作

主演・監督・脚本・製作にヤン・イクチュン。
共演にキム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク、ユン・スンフンなど。

アニョハセヨ、カムサハムニダ、サランヘヨくらいしか知らなかった私の中に「シバラマ」というレパートリーを増やしてくれた大好きな作品。
これを見終わるとき、覚えない人はいないのではないでしょうか。それくらい連呼される言葉の意味は「クソ野郎」です。
絶妙な間と笑いの誘い方、そして暴力の描き方に北野映画を感じました。
過去のインタビューを見てみると北野監督の名前を出しているので、もしかしたら若干影響を受けているのかもしれません。
監督が主演を務めるところも共通していますし、借金取り立ての相棒ファンギュが完全に北野ファミリーにいるタイプの俳優で、天然で常にニコニコしているのにサイコパスな側面を匂わせるところが好きでした。あと服がかわいいです。

粗い生の暴力を描く中に、高校生のヒロインとの恋愛とも言えない深いところで繋がっている尊い関係や、主人公サンフンの不器用なピュアさ、人間の絆や家族愛を内包しています。
人間が抱くやるせない純粋な気持ちを暴力的でありながら丁寧に描いた、ヤン・イクチュンの長編デビュー作にして韓国映画を代表する映画に一つに躍り出た映画です。

-映画, 洋画
-