CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『ズーランダー NO.2』(2016)


『ズーランダー NO.2』あらすじ

世界的セレブばかりを狙った連続殺人事件が発生。
捜査に乗り出したインターポールの敏腕女性捜査官バレンティーナは、かつてスーパーモデルとして活躍したデレクとハンセルに協力を依頼する。
事件の真相を解明するべくファッション業界に舞い戻ったデレクたちの前に、悪の首謀者ムガトゥとその手下が姿を現し……。

前作に引き続き、ジャスティン・ビーバー、マーク・ジェイコブス、トミー・ヒルフィガーなど数々のセレブやデザイナーがカメオ出演する、ベン・スティラー主演のコメディ

主演・監督・製作・脚本にベン・スティラー。
共演にオーウェン・ウィルソン、ウィル・フェレル、ペネロペ・クルス、クリステン・ウィグ、ベネディクト・カンバーバッチ、キーファー・サザーランド、ジャスティン・ビーバーなど。

ファッション界のセレブがカメオ出演したり、ちょい役に人気俳優を使用し笑いを誘う豪華な作品でした。
1に続き、真剣にふざけるコメディアン、ベン・スティラーの持ち味を存分に味わえます。
特にカメオ出演が大きな楽しみのひとつである本作は、前作ではデヴィッド・ボウイやヴィクトリア・ベッカム、今では米大統領にもなった不動産王ドナルド・トランプなども出演していました。
今回はオープニングを飾るジャスティンをはじめ、世界的なデザイナーマーク・ジェイコブスやトミー・ヒルフィガーら本人が出演し、ファッション界を本格的に巻き込んでいます。
ベンやオーウェンがふざけまくる中、悪役が唯一のツッコミ役というコメディのベタベタなお約束設定や、ペネロペ・クルスのいろんな意味で体をはったセクシーな演技も見ものです。

-映画, 洋画
-