CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『トイ・ストーリー3』(2010)


『トイ・ストーリー3』あらすじ

アンディがおもちゃで遊んでいたのも今は昔。
アンディは大学に入学する年齢になり、カウボーイ人形のウッディたちおもちゃは託児施設に寄付されることになった。
しかし、そこに待っていたのは乱暴な子どもたち。
ウッディは脱出に成功するものの、アンディの元へ行くか、仲間たちを助けに戻るかの究極の選択を迫られる。

お馴染みのトム・ハンクス演じるウッディが、成長した子供とおもちゃの付き合い方を考えるちょっと大人向けの切ないコメディ

主演はトム・ハンクス。
共演にティム・アレン、ジョーン・キューザック、ネッド・ビーティ、ドン・リックルズ、ウォーレス・ショーン、ジョン・ラッツェンバーガー、エステル・ハリス、マイケル・キートン、ジョディ・ベンソンなど。
監督はリー・アンクリッチ。
原案・製作総指揮にジョン・ラセター。

アメリカではお馴染みのバービーや、日本からはジョン・ラセターが大好きだというジブリの『となりのトトロ』からトトロなど実在のおもちゃたちが多数参戦し、今までのシリーズ通り人目を忍んで人間のようにどんちゃん騒ぐおもちゃたちの大冒険の物語です。
しかし、今までと唯一違うところは、持ち主がもうおもちゃで遊ぶような年齢ではなくなってしまったということ。
アンディは大学進学を目前に部屋の整理を始めますが、大好きなおもちゃを捨てることができません。
ウッディたちもアンディから離れたくなく試行錯誤しますが、いつもの流れで邪魔が入り思うように事が運ばず、問題が問題を生んでいきます。
子供とおもちゃという関係から、大人と過去のおもちゃとの付き合い方という関係に変わった今回のトイ・ストーリー。
かつて大好きなおもちゃと夢中になって遊んだことがある全ての大人にこそ見てほしい、そして彼らとの出会いや別れを思い出して涙してほしい作品です。

-映画, 洋画
-, ,