CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)


『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年、政府がひた隠す真実を明らかにすべく奔走した人物たちの姿を描いた。
リチャード・ニクソン大統領政権下の71年、ベトナム戦争を分析・記録した国防省の最高機密文書=通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在をニューヨーク・タイムズがスクープし、政府の欺瞞が明らかにされる。
ライバル紙でもあるワシントン・ポスト紙は、亡き夫に代わり発行人・社主に就任していた女性キャサリン・グラハムのもと、編集主幹のベン・ブラッドリーらが文書の入手に奔走。
なんとか文書を手に入れることに成功するが、ニクソン政権は記事を書いたニューヨーク・タイムズの差し止めを要求。
新たに記事を掲載すれば、ワシントン・ポストも同じ目にあうことが危惧された。記事の掲載を巡り会社の経営陣とブラッドリーら記者たちの意見は対立し、キャサリンは経営か報道の自由かの間で難しい判断を迫られる。

アカデミー作品賞と主演女優賞にノミネート、メリル・ストリープ×トム・ハンクス×スティーブン・スピルバーグが描く政府対報道機関の抗争の実話

主演はメリル・ストリープとトム・ハンクス。
共演にサラ・ポールソン、ボブ・オデンカーク、ブラッドリー・ウィットフォード、ブルース・グリーンウッド、マシュー・リス、ザック・ウッズなど。
監督はスティーブン・スピルバーグ。
音楽はジョン・ウィリアムズ。

ベトナム戦争で勝てないと知りながら兵士を送り込み続けた事実を隠蔽していた政府を、当時政府と癒着気味だったメディアが証拠となる「ペンタゴン・ペーパーズ」を入手・暴露し、ニクソン大統領を辞任に追いやった本当の事件が元になっています。
歴史は繰り返すといいますが、つい50年ほど前に起こったばかりのことに、もうアメリカと日本は直面しています。
スピルバーグ監督が製作に乗り出したのはトランプが大統領に当選した頃のようです。
監督がどうしても今やらなければならないという使命感に駆られ、急ピッチで制作した様子が目に浮かびます。

彼とジョン・ウィリアムズという最高の演出を作り上げるプロがまたもタッグを組んだのですが、個人的にはとてもあっさりとクライマックスを迎えた気がします。
それが逆にリアルであり、雰囲気に流されず「報道機関は 政府に奉仕するのではなく 国民に奉仕するものである」という言葉が心に刺さり、問題の重大さを実感できる作りになっていたと思います。

不透明で不可解な財務省と総理大臣の動向。安倍政権のもと新しく決定していく法律は、映画のように国民に事実を伝えたい報道機関を力ずくで押さえつけることを可能にしていくもの。
トランプも、子供のように不都合な報道をフェイクニュースと呼び、側近までもシャットアウトしていく。
そんな世界の現状に危機感を抱き、今こそ世界に発破をかけなければならないと今映画界は動き出しています。

最後ウォーターゲート事件につながることを匂わせて終わります。
実際に翌年に起こったウォーターゲート事件について描いたリーアム・ニーソンの『ザ・シークレットマン』(2017)も気になりますし、町山さんの言う『大統領の陰謀』(1976)も併せて見て理解を深めたい分野だと改めて思いました。

-映画, 洋画
-,