CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『インクレディブル・ファミリー』(2018)


『インクレディブル・ファミリー』(2018)

悪と戦い、人々を守ってきたヒーローたち。
だが、その驚異的なパワーに非難の声が高まり、彼らはその活動を禁じられていた------。
そんなある日、かつてヒーロー界のスターだったボブとその家族のもとに、復活をかけたミッションが舞い込む。
だがミッションを任されたのは――なんと妻のヘレンだった!
留守を預かることになった伝説の元ヒーロー、ボブは、慣れない家事・育児に悪戦苦闘。
しかも、赤ちゃんジャック・ジャックの驚きのスーパーパワーが覚醒し・・・。
一方、ミッション遂行中のヘレンは“ある事件”と遭遇する。
そこには、全世界を恐怖に陥れる陰謀が!ヘレンの身にも危険が迫る!果たして、ボブたちヒーロー家族と世界の運命は!?(公式サイトより)

『リメンバー・ミー』の次にピクサーが制作した『Mr.インクレディブル』の続編

キャストはクレイグ・T・ネルソン、サミュエル・L・ジャクソン、ホリー・ハンター、サラ・ボーウェル、ハック・ミルナー、キャサリン・キーナーなど。
監督は『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』(2011)のブラッド・バード。
製作総指揮はジョン・ラセター。

前回は男性性を失いつつあった夫が自信を取り戻す物語でしたが、今回は母親に焦点が当てられた『Mr.インクレディブル』の続編です。
母親がこなす家事育児を妻の留守中に夫が代行するというもの。
よくある展開ですが母親がいつもどれほど大変か分かりますね。
子供と一緒に見に来るお父さんお母さん向けにも作られた楽しいシリーズの新作は、全米で6/5から公開され、安定のピクサークオリティで続々と高評価を得ています。
日本では夏休み映画として8月1日よりロードショーされますのでお楽しみに。

-映画, 洋画
-,