CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『アドリフト』(2018)


『アドリフト』あらすじ

愛し合うカップルのタミ・オールダムとリチャード・シャープは、タヒチからサンディエゴまでヨットを使い太平洋を横断する旅を計画する。
しかし、史上最大級のハリケーンに向かって航海することになろうとは、彼らにはとても予想できなかった。
嵐が去った後、タミは致命的な傷を負ったリチャードを発見し、ボートが壊滅的な状態であることを知る。
助けが来るあてもない中、タミは最愛の人を守り抜くと決心し…。

太平洋の真ん中で絶望的な状況に陥っても愛する人のために強く生きた女性を描いた、実話が元となった恋愛ドラマ

主演はシャイリーン・ウッドリー。
共演にサム・クラフリン、ジェフリー・トーマス、エリザベス・ホーソーンなど。
監督はバルタザール・コルマウクル。

実話に基づいた人間の愛と精神力・生命力の強さを描いたサバイバル恋愛ドラマです。
ノンフィクションの本としても知られており、タミ・オールダム・アシュクロフトとスージー・マックギアハートによって1998年に出版されています。

※ここからはネタバレになってしまうかもしれないので注意してください。

 
 
 

実話が元になっているため、結末はもちろん知られています。本にも書かれています。
著者の中にリチャードの名前がないことからも分かる通り、航海の途中で彼は命を落としています。
予告のリチャードはハリウッドによる改変なのか、それとも生き延びるために彼女が見たかった幻なのか…。

どちらにしろ、絶望の中でも諦めない女性の強さ、壮大なサバイバル、そして愛を描いた感動作として高く評価されています。
日本公開は未定ですが楽しみな作品です。

-映画, 洋画
-, , ,