CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

【週末公開の話題作】『くるみ割り人形と秘密の王国』『ヘレディタリー 継承』『彼が愛したケーキ職人』【2018年11月30日、12月1日公開】

【2018年11月30日公開】『くるみ割り人形と秘密の王国』


主演:マッケンジー・フォイ
共演:キーラ・ナイトレイ、モーガン・フリーマン、ヘレン・ミレン、トム・スウィート等
監督:ラッセ・ハルストレム、ジョー・ジョンストン
配給:ディズニー

チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」をディズニーが美しいCGを用いて実写化。
『ギルバート・グレイプ』(1994)のラッセ・ハルストレムと、初代『ジュマンジ』(1996)や『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)のジョー・ジョンストンが監督をつとめる。
『インターステラー』(2014)や『リトルプリンス 星の王子さまと私』(2014)に出演するマッケンジー・フォイを主人公に、キーラ・ナイトレイやモーガン・フリーマンなどハリウッドのスターが脇をかためます。

今後の活躍が楽しみで仕方なかった『シークレット・オブ・モンスター』(2015)で主演したトム・スウィートくんも出演するそうで、前作とはうってかわってキラキラした世界を舞台にどんなかわいらしい表情を見せてくれるのか、私としてはそこがひたすら楽しみな作品です。

【2018年11月30日公開】『ヘレディタリー 継承』


主演:トニ・コレット
共演:ミリー・シャピロ、アレックス・ウルフ、アン・ダウド、ガブリエル・バーン等
監督:アリ・アスター

監督は今回が初長編映画ながら「エクソシスト」に並ぶホラーの誕生、現代ホラーの頂点と各方面から大絶賛された話題作。

祖母エレンが亡くなったグラハム家。過去のある出来事により、母に対して愛憎交じりの感情を持ってた娘のアニーも、夫、2人の子どもたちとともに淡々と葬儀を執り行った。
祖母が亡くなった喪失感を乗り越えようとするグラハム家に奇妙な出来事が頻発。最悪な事態に陥った一家は修復不能なまでに崩壊してしまうが、亡くなったエレンの遺品が収められた箱に「私を憎まないで」と書かれたメモが挟まれていて…(映画.comより)

主演のトニ・コレットは『シックス・センス』(1999)『アバウト・ア・ボーイ』(2002)『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)などにも出演しているベテランです。

【2018年12月1日公開】『彼が愛したケーキ職人』


主演:ティム・カルクオフ
共演:サラ・アドラー、ロイ・ミラー、ゾハル・シュトラウス、サンドラ・シャーディー等
監督:オフィル・ラウル・グレイツァ

ベルリンのカフェで働くケーキ職人のトーマスと、イスラエルから出張でやって来る妻子あるなじみの客オーレンは、いつしか恋人関係へと発展していった。
「また1ヶ月後に」と言って、オーレンは妻子に待つエルサレムへ帰っていったが、その後オーレンからの連絡は途絶えてしまう。オーレンは交通事故で亡くなっていた。エルサレムで夫の死亡手続きを済ませた妻のアナトは、休業していたカフェを再開させ、女手ひとつで息子を育てる多忙な毎日を送っていた。
アナトのカフェに客としてトーマスがやってきた。職を探しているというトーマスにアナトは戸惑いながらも雇うことにするが……。(映画.comより)

イスラエル発の若手監督による、イスラエルのアカデミー賞オフィール賞で9部門にノミネートの他、国外でも多数の映画賞を受賞したヒューマンドラマ。
ドイツとイスラエルを舞台に、国境・宗教・性別を超えた愛のつながりを、美味しそうなお菓子とともに描きます。

-映画, 洋画
-, , ,