CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2011)

157976_01

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』あらすじ

親友のように心を通わせていた父親が9.11のテロで亡くなってしまった。
生前の父と交わした約束を果たすため、主人公のオスカーは残された謎の鍵の手がかりを探しにニューヨークを彷徨う。

ものすごくうるさい、感情表現が豊かな新星子役トーマス・ホーン

主人公のオスカーはアスベルガーを患っており、とにかく言動が激しいです。さらに、彼はタンバリンの音色で心を落ち着かせる癖があり、さらにシャンシャンという音までがプラスされて、タイトル通り「ものすごくうるさい」です。
彼は途中から、探索に助っ人が加わることになります。その助っ人はなんと老人で、声を発せないのです。その極端な対比がとても印象的でした。
オスカーは頭の回転が速いのですがガサツで人を傷つけることを厭わない時があります。しかし悲しみを察すると相手に同調したり、静かになったり、さらに感情が爆発して叫びまわったり、とにかく忙しい。
そんな喜怒哀楽を豊かに演じたトーマス・ホーンの演技力に驚かされます。

目に見えるものが全てではないし、根拠のないことも受け入れなければならない

主人公の少年が突然父親を失ったショックで、確実に説明がつくものや存在するものしか信じられなくなります。
でも世の中には単純に説明できないことがたくさんあって、純粋すぎる少年がどう現実とすり寄るか、そして成長していくかが描かれます。
最後には、彼に注がれるあらゆる愛情を感じて涙します。
最後まで見てから改めてタイトルを眺めると、この映画を一言でまとめるならまさにこれしかない、と感想を持つことでしょう。

-映画, 洋画
-, ,