CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 邦画

『トイレのピエタ』(2015)

2016/10/31

2048548_201502130416769001423792844c

『トイレのピエタ』あらすじ

絵の才能がありながら美大を卒業後は窓拭きのアルバイトで生活を送る園田宏は、ある日医者から余命3ヶ月の胃がんを宣告される。
病院で出会った血の気の多い女子高生と不思議な縁で仲良くなり、「一緒に死のう」と持ちかけられる。
生に無頓着だった園田だが、彼女との交流を通して生きる喜びを見出す。
手塚治虫が死の直前、病床で日記にしたためた構想から着想を得たオリジナル作。RADWIMPSのボーカル、野田洋次郎が映画初出演&主演をつとめる。

マルチアーティストな野田洋次郎

現在大ヒット上映中の『君の名は。』(2016)で音楽を担当したバンドRADWIMPS。
そのボーカルを務める野田洋次郎の初主演作が今回の『トイレのピエタ』です。
共演した大竹しのぶや宮沢りえはバンドのファンということでオファーを快諾したほど、ミュージシャンとして成功をおさめた彼の銀幕デビュー。初めてとは思えない落ち着いた演技と表現力を見せつけ、日本アカデミー賞の新人賞を受賞しました。
これを機に、続いて岩井俊二監督の『リップヴァンウィンクルの花嫁』にも出演しています。
今後は俳優としても活動場所を広げ、ファンを楽しませてくれることでしょう。

ヒロインの女子高生には回鍋肉をおいしそうに食べるCMでご存知の方が多いかもしれません、杉咲花ちゃんです。あのCMを見るだけで今後が楽しみになる女優さんですね。
生と死、浄化と昇天をテーマに、期待の新人2人をベテラン俳優が支える作品でした。

-映画, 邦画
-, , ,