CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『ユー・ガット・メール』(1998)

132161_01

『ユー・ガット・メール』あらすじ

キャスリーンは、母親の代から続く小さな絵本の店を経営している。
彼女は“ショップガール”というハンドルネームを持ち、顔も知らない“NY152”というハンドルネームの男性とメールのやり取りをすることを日々の楽しみにしていた。
彼女の本屋の近くに大手の本屋チェーンがオープンするが、その経営者が実は“NY152”のジョーであった。
彼も“ショップガール”とのメール交換を心の糧にしていたが、二人は顔を合わせると喧嘩が絶えなかった。
そんなときキャスリーンは“NY152”から直接会わないかと提案される……。

ラブコメの女王メグ・ライアン

主演はメグ・ライアンとトム・ハンクス。
監督は『めぐり逢えたら』(1993)でも二人をキャスティングし、この組み合わせをお馴染みとしたノーラ・エフロンです。

1990年代に「永遠の恋人」と言われ、ラブコメの女王だったメグ・ライアン。
喜怒哀楽でコロコロと変化する愛くるしい目元と口元、はじけるような彼女の笑顔を久々に見て改めて魅了されました。

メールでの素直な彼女と現実での憎まれ口をたたいてしまう彼女に翻弄されるトム・ハンクス扮するジョー。
でもそこに共通する彼女の素直さや人間らしさに惹かれて、何度もキャスリーンの元へ向かったのかもしれません。
キャスリーンだけ知らないでいる状況にモヤモヤを感じましたが、彼女になんと言われようとも健気に寄り添うジョーの思いやりを見て納得しました。

ダイヤルアップ接続の音で郷愁にかられます。
今となっては古き良き電子メール映画と言えるのでしょうか。
老舗の絵本屋さんの趣きやNYの街並み、季節の装飾が細かく描かれており、当時の世相や情景を感じることができます。
何度も見たくなる恋愛映画でした。
そして、ゴッドファーザーの引用を会話に取り入れたくなりました。

-映画, 洋画
-, , ,