CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

映画 洋画

『スプリット』(2017)

2017/06/12

86f65cc74c67ea47

『スプリット』あらすじ

見知らぬ男に拉致され、密室に閉じ込められた女子高校生3人組は、監禁場所で神経質な雰囲気を漂わせた男を目にする。
男が部屋から立ち去り、必死に脱出方法を思案している最中、ドアの外から男と女が会話する声を耳にした3人は助けを求めて声を上げるが、そこに現れたのは、女性の服に身を包み、女性のような口調で話す先ほどの男だった。
男には23もの人格があり、9歳の少年やエレガントな女性など、ひとりの体の中で人格が激しく入れ替わっていく。
そして、そんな男に24番目の人格が現れ…。

24の人格を操るジェームズ・マカボイ

主演は『X-MEN』シリーズのジェームズ・マカボイ。鍵を握る女子高生にアニャ・テイラー・ジョイ、男のカウンセラーを担当する女性にベティ・バックリーなど。
監督は『シックス・センス』(1999)『サイン』(2002)『ヴィレッジ』(2004)などホラーの話題作を次々と生み出すM・ナイト・シャマラン。

いわゆるアメリカンホラーではなく、じわじわ心にくるスピリチュアルな恐怖に長けているM・ナイト・シャマラン監督の新作ホラーです。
何といっても注目なのは、老若男女を問わない24の人格を操るジェームズ・マカボイ。予告に映るあの足も彼のものなのでしょうか。
いつどの人格が現れるのか、その人格が見方なのか敵なのか分からず終始スリリングでハラハラするストーリーに高い評価が集まる本作。
日本では5月12日より全国ロードショーです。

-映画, 洋画
-,