CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

ウェブデザイン

『セッション』(2014)公式サイト

『セッション』(2014)公式サイト

黒と黄色がお洒落で緊張感を醸し出す、作品の世界観が生きているサイト

トップページから「ABOUT THE MOVIE」に進むと映画の詳細ページに飛べます。
サイドメニューの他に写真を敷き詰めたリンクがあり、全体的に薄暗くて本番前の控室やライブ前の薄暗い舞台を眺めているような緊張感があります。
基調となっている黒、黄色、白は、鋭く輝くスポットライトやドラムセットの金物を連想させます。

明るい黄色は元気なイメージの他に強さや暴力的な印象をうけ、大きな白のゴシック体の見出し(さらに縦書き!)でダイナミックさを感じますが、背景の白の縦ストライプが作品にも精通する鋭い印象を落ち着かせている気がします。
スーツの柄のようで高級感もありますね。

唯一スタッフ紹介ページの背景が突如明るいベージュで親近感のあるデザインになっていて、なんとなく胸をなでおろしている自分がいます。
作品をご覧になっている方ならわかると思いますが、J.K.シモンズの姿が見えるだけで心拍数が上がり、常に緊張状態のようになります。
シェルターに逃げ込んでスタッフが出迎えてくれて、「これはあくまで物語だよ」となだめてくれている気がしてしまうのは私が怯えすぎなだけでしょうか。

緊張感の緩急が絶妙な、シンプルでありながらインパクトのある作品の世界観が生かされたサイトです。

-ウェブデザイン
-,