CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

ウェブデザイン

『ゴッホ 最期の手紙』(2017)公式サイト

『ゴッホ 最期の手紙』(2017)公式サイト

展覧会のイベントサイトのようなシンプルさの中に動くゴッホの絵が大胆に使われた、シンプルなのにインパクトのあるデザイン

ページを開くとまずゴッホの自画像がゆっくりとこちらを振り向いて視線が合うのでドキリとさせられます。
サイト全体は、白い壁にゴッホの厚塗りの油彩画が飾られている美術館を訪れているようなデザインで、展示が豊富で見ごたえのあるデザインです。
静止画の隣に本作の「動くアート」が並べられているのがいい対比になっています。

絵以外は本当にシンプルで、スクロールすると浮き上がってくるテキストは、絵画の横によくある説明文のタイルを彷彿とさせます。
キャスト紹介のページではキャストの写真、ゴッホが描いたそのキャラクターの元画、そして画家たちによってゴッホのタッチに似せて描いたキャストの写真、と3枚飾られており、演者をもとにアニメーション化した過程が伺えます。

静かな美術館の中にいるのにインパクトのある動く絵にかこまれているような、不思議な体験ができるサイトです。

-ウェブデザイン
-