CineMurMur

映画を中心に、音楽、漫画、アート、カルチャーについて、気になったことを綴っています

ウェブデザイン

『神様メール』公式サイト

『神様メール』公式サイト

カラフルな色合いと、手書きの便箋や手紙のようなデザインがかわいいサイト

赤毛の女の子が空を見上げるかわいいポスターにちなみ、ピンクをはじめとしたポップでカラフルな色合いがかわいいサイトです。
これは日本版のようで、元々は女の子ではなく神様である父親がギロリとこちらを見つめ、後ろには「神は実在する」とデカデカと書かれているという何ともB級なにおいが漂うポスターになっています。
これはわりと無宗教が多い日本人の感性に近づけたのでしょうか?
エンディングを飾るAn Pierléのかわいいボーカル曲が合う(Youtubeのコメントにありましたが、まさに幼女が歌うニルヴァーナ×ブラーという表現がピッタリですね)、センスの良いデザインです。

そんな色使いや少女視点を踏襲した本サイトは、タイトルの「メール」をうけてかまるで手書きのかわいいお手紙かノートを連想させるデザインになっています。
よく見ると背景がとても凝っていて、画像の代わりに場面カットを使用する際には、文字要素をうまく人物とかぶらないように自然に当て込んでおり、あらかじめ罫線が用意された便箋のようです。
グッズ化されたら買いたいほどかわいいですね。
キャストのプロフィールを押したときに浮き出てくる吹き出しと、絶妙なサイズで切り抜かれた人物の写真(神様が人間界を俯瞰している時のようにも見えます)、画面を閉じるための手書きの×印など、細かいところにもこだわりを感じます。
映画の結末のように、見る人みんなが笑顔になれるかわいらしいサイトです。

-ウェブデザイン
-,